ミニカーおじさんの下町ライフ、趣味のミニカーコレクションや実車・B級グルメ・プラモ工作とほんわかスローなブログです。
I bring you something about model, or real cars, and my easy life.

2012/02/16

おおっ!巨大ウイダー発見!

JR田町駅でウイダーステーションなるキヨスクを見かけました。あっ!屋根には巨大なウイダーが!いいね〜こういうの!欲しいね。
どうやって作るんだろうと思っていたら、製作工程が出てました。楽しそうなお仕事ですね!

2012/02/15

Mr.ETC、キャラ人形発見!


店頭のペコちゃん人形と同じようなETC人形が高速道路のパーキングエリアに置いてありました。こんなところに置いてあったら持ってかれちゃうよ〜
そんなやつおらん?(笑)でも、ちょっと欲しいかも。

警察カブも世代交代?今どきはスクーターなんですね。


交番のおまわりさんのパトロールは、こち亀の両さんじゃないけど自転車かカブがイメージだよね。でも、最近は画像のようなスクーターもよく見かけますね。今どきですね〜なかなかオシャレな感じです。
調べたら車種はHONDAのリードEXで100ccのタイプです。面白いのはこれ国産じゃなくて中国製です。

ホンダのHPのスペックには
  • ■ 製造国/中国
  • ■ 製造事業者/五羊-本田摩托(広州)有限公司
  • ■ 輸入事業者/本田技研工業株式会社
  • とあります。

  • 輸入車だったんですね!知らなかった。ということはシャーシ裏にMADE IN CHINAって刻印で書いてあるかな? トミカやチョロQじゃないよ(笑)



2012/02/14

アルファロメオ新型ジュリエッタに試乗!あれれれ?アルファロメオよ、どこヘいく


TEST MEの通り近所のアルファロメオディーラーで新型ジュリエッタに乗ってみました。モータージャーナリストの試乗記事を読む限りではすこぶる評判がいい。復活したジュリエッタに期待がふくらむ!!
試乗車は1400ccの170ps!これはいけると乗ってみました。

走りだすと、あれれれれ???これアルファロメオ?
これが正直なファーストインプレッションです。

以前今のゴルフの前に155TS16Vに乗っていました。アクセルを踏んだ瞬間にグォ〜っと吠えるエンジン、路面の凹凸がダイレクトに伝わるハンドリング走り出した瞬間からおおっ!さすがアルファロメオじゃんと思えるクルマでした。10年近く乗っても好印象しか残ってません。

その後進化したジュリエッタはどうだったでしょうか?
ふんわりしたアクセル、エンジン音も静かで普通?、ニュートラルなハンドリング、まさに最近の電子制御されたクルマと同じフィーリング。おまけにアイドリングストップ!アルファがエコカーかよ〜(笑)
今のGOLFとフィーリングはあんまり変わらないな〜というのが、あれれ??です。高速走行はわかりませんがご近所走りではそんな感じでした。

クルマに何を求めるのか?というところが個人の問題で、アルファロメオのブランドが重要で走りは普通でいいよという方にはいいかもしれませんね。この顔やインテリアはアルファそのものです。
昔を懐かしむ人は旧いアルファに乗ればいいんだし、グォ〜〜なんてエンジン音も今の人にはウルサイだけなのかもしれませんね。そういう意味ではアルファといえども静かで快適な今のクルマに進化していかないと、ただのマニアなクルマで終わっちゃいます。時代と共に変わらなかったのは自分だったと気づかされましたね。

ネットに出ているモータージャーナリストと呼ばれる人たちの試乗記事はメーカーの顔色うかがいの記事も少なくありません。あんまり正直にも書けないのかもしれませんね。
情報にまどわされず、自分の目で確かめるのがやっぱり一番ですね。




2012/02/12

文句なしにカッコイイ!海外向けレーシング仕様のトミカロータスヨーロッパSP!


うひゃ〜カッコイイ!トミカのロータスヨーロッパSPのレーシング仕様です。


ブリティッシュグリーンにイエローストライプはクラシックロータスのレーシングカラーでこのヨーロッパにもよく似合いますね。このトミカはずいぶん前にヨーロッパ向けに発売したトミカで、すでに絶版になってます。サイドステップ部分をシャーシからもってきた実車っぽいトミカの設計もなかなかです。ただ、リアのエンジンフードを開閉するために、シートから一体のプラパーツは色が合わないのでいまいち?かな。これはシートが黒なので黒フードになっています。レーシングだから黒もいいね。
ロータスマニアのかた、いかがですか?


2012/02/11

海外でも回さずにいられない?ガチャポン、バンダイのパワービークルRPM

前の話ですが、フランスのトイザラスでもガチャを回さずにはいられませんでした。サガだね〜(笑)
出てきたのはバンダイの海外戦隊もの「パワーレンジャーRPM」のカプセルビークルのシリーズです。でも、パワーレンジャーRPMは縁がなくまったくわかりません。調べたらアメリカのABCで放映されたTVドラマらしいです。
プルバックが内蔵されているのでゼンマイ走行します。こういうの好きな人いるかね? とりあえずヤフオクに出してみました。売れんのか??


癒し系マーキュリーのミニカーは、となりのお姉さん? アバルト・ビアルベーロ


ミニカーの良さって何だろう?人それぞれでちがいますね。これはイタリアマーキュリー社のアバルト1000 ビアルベーロです。写真でもわかるようにかなりゆるい型ですね。今の模型のようなミニカーからしてみればクオリティは比べ物になりません。でも、おもちゃ的な暖かさはヴィンテージミニカーならではでしょう。癒し系ミニカーというところでしょうかね。


リアにはちゃんとアバルトのビアルベーロ、DOHCエンジンが載っています。こういうところがマニア心をくすぐりますね。


ただ懐かしいじゃなくて、ドアを開けたり閉めたり、エンジンを眺めたりとか遊ぶことが出来るののもヴィンテージミニカーのいいところでもあります。
リアル指向のケースに入ったミニカーもいいけれど、ビンテージもほんわかいいでしょ。スーパーモデルより、となりのお姉さんのほうがホットするそんな感じですね。(めっちゃわかりやすい?笑)
ミニカーブログなのに、たまにミニカーの話でした。




2012/02/10

京都ほんわかの旅<その3>やっぱり最後は京うどんですか


南禅寺の順正では湯豆腐会席を食べてみました。それなりに美味しいんですが、京都といえばやっぱり最後はうどんですかね。北野天満宮近くのたわやらというお店に入ってみました。建物からして京都っぽいね〜 


名物うどんをたのんでみました。超!極太のうどんでこしがあってまいう〜!!
関東の濃い口のつゆより、関西のダシがきいた薄口つゆのほうが好きですね。
となりはきつねどんぶりです。油揚げのどんぶりは初めてです。これまた少し甘辛でいいお味!これはポイント高いB級グルメでしょう。


これも外せない身欠きにしんそば(うどん)です。食い過ぎ?(連れのです〜)
こっくりした味ですがしつこくなく、薄口のうどんによく合います。普通は蕎麦なんですがここはうどん屋さんなので身欠きにしんうどんですね。見た目は美しいといえないB級ですが明治時代からある郷土料理です。

京大のそばで見かけた私設図書館!京都ならでは?
火事じゃありません!吉田神社の節分行事。古いお札を炊き上げています。
それにしてもすごい!東京じゃできないくらいのものすごい炎です。
いつのも癖?でディスプレィ見つけちゃいました。(笑)
キヨスクキャラクター人形。キヨコキヨミ、欲しい〜
商売の神様、伏見稲荷に行ってみました。千本鳥居はなかなかすごいものですが、
これみんなスポンサーです。裏に名前が書いてあり帰りはいやでも目に入る。
さすが商売の神様や〜!!
佐川急便のポスターも京都どすえ
さっとまわった京都でしたが、古都の古さと新しさが調和したいい街でした。
何度行っても新しい発見がある魅力ある街、それが京都ですね。またいこか〜

2012/02/08

トライアスロンチョロQが出てきたぞ!コルベット・インディ


水上も走るトライアスロンチョロQ、コルベット・インディがおもちゃ箱から発掘!残念ながらフロートが無いのですが、箱に入ったままだったので新車状態で出てきました。ピカピカキレイです。このトライアスロンチョロQは、過去にQボートという水上走行が出来るチョロQの進化版です。動力のギザギザタイヤが水上での推進力になります。こういう遊びって夢がありますね。さらに進化させた水上走行チョロQを期待したいところです。
このトライアスロンチョロQシリーズは派手なカラーリングで人気があります。このコルベット・インディも蛍光色のスプラッシュデザインがキレイですね。

<ただ今出品中!>

京都ほんわかの旅<その2>おおっ!これは素通り出来ません!京都のヒストリックな模型店


北野天満宮近くにこんな模型屋さんがありました!
模型好きで、この店をを見て素通り出来る人はいないでしょう。私も吸い込まれました!(笑) お店の中はアイガー北壁ごとく上から下までプラモの壁!店の間口は広いんですが、中は人が二人ぐらいのスペースしかありません。色々選ぶなんて流暢なことは無理でしょう。目に入ったもので気に入ったものがあれば買うしかなさそうです。店の横が倉庫らしいのですが何があるのかわかりません。


入口の横はショーケースで完成品が飾られてます。店主さんに聞いたところ若い頃に自身で作られたものだそうです。なつかしいのもありますね〜
店主さんにお話いただけたんですが、一見さんはやや敷居が高い感じ。気のせい?それとも怪しまれた?(笑) でも、また行ってみたいです。今度はなんか買いたいですね。タミヤのスロットとかないかね〜





2012/02/05

京都ほんわかの旅<その1>新しいなかにも、懐かしいものもいっぱい!

冬の京都もまたいいですね。天気が良かったのもあり、思ったほど寒くなかったでした。京都の街は戦災を逃れたこともあってか、古いものや懐かしいものがまだまだ残ってました。公開されているお寺や神社だけでも600以上あるそうでとても数日では回れない数です。凄いですね〜 
観光はさておき、ほんわかウォッチングで京都を観てきました。

エコタクシーです。自転車キャリアが後ろに付いていて自転車ごとタクシーに乗れます。東京では見かけないな〜
サイクリングに疲れたらタクシー。これ便利!ほんわかいいな!



吉野家の看板は白!
景観を考えてか?規制があるのか?
とてもいい感じです。
マクドナルドの看板も赤というより赤茶で渋くおさえてるようです。
マッチングを考えた、さすが古都ですね。







京大のそばにこんな公衆電話がありました。
観光客の古都のイメージをそこなわない配慮でしょうか?
ほんわかいいどすね〜









おーっ懐かしいチェリオじゃないですか?
東京ではみかけなくなりましたね。
自販機が新しいので現役ですね。
100円は安い!










銀閣寺からの哲学の道を散歩していたらミニ公園にレトロな遊具が!。
宝くじってあります。こういうの昔あったよね〜






かすれてますが懐かしい電報の看板!
たばこやさんとかにありましたね〜
これはオシャレなアーチに付いてます。






京漬物といえば千枚漬けです。銀閣寺道で見つけた京漬物屋さんの木の看板。そそられますね〜
ちなみに千枚というのは沢山という意味もあるそうで、薄く切ったかぶが何枚もかさねて漬けているからでしょうか。
漬物マニア?にはたまらん看板ですね。







<つづく>

2012/02/03

そうだ京都、ほんわかいこう!


キャンペーンにのって京都に行ってきます。めっちゃ寒そうだけどね〜
ちょうど節分のイベントもあるらしい。でも、京都といえばやっぱり湯豆腐、おばんざい、千枚漬け、生八つ橋・・食い物ばっか(笑)
てなわけで、今週ブログはお休みしてます。ほんわか楽しい発見あるといいな。




2012/02/02

あのヤマザキパントラックに苺大福仕様が!

といってもスーパーで見かけた冬期限定苺大福のディスプレイでした!赤白で屋根が黄色いいつものヤマパントラックですが、おなじみの女の子とパンのデザインに変わりに直送苺大福仕様になってます。
後ろもこんな感じ。チョロQでカスタムしたらかわいいかもね。それにしても苺大福人気です。1個も残ってないよ〜 118円なら安い!食べたくなっちゃったから、明日買おうっと(笑)



2012/01/31

特注トミカ、117クーペ 21st Century。ん〜なんの特注だったっけ?


おもちゃ箱から特注トミカが出てきました。パッケージは箱じゃなく袋入でした。いすゞ117クーペの特注品でボンネットに21st Centuryのマークがタンポ印刷されてます。なんの特注だったか?忘れちゃいました。ま、いいか(笑)
でも、日本製なのでかなり前のものだとは思います。
いすゞでこんな乗用車あったんだ!なんて今の若い人は思っちゃいますが、今見ても美しいクーペです。確かイタリアのジウジアーロのデザインですね。リアのトランクがルーフから流れるように3次曲面になっているところが好きです。トミカでもよく特徴をとらえていますね。

ランドストライクス・ランチアストラトス?すごいパロディ、カスタマブルチョロQ

またまた懐かしい商品が出てきました。シャーシやエンジンがカスタムできる、スーパーカスタマブルチョロQ V2システム ランドストライクスです。LAND STRIKESって今だったらネーミングパロディ大賞あげたいくらいですね!
ランドストライクスってガム食べながら言ったら、完璧にランチアストラトスだよ。(笑) ボディ形状といい、アリタリアカラーイメージといい、楽しいパロディ商品です。今だったらもっと架空のデザインになっちゃって、面白くないものになっちゃいますよね。版権が厳しい昨今、こういうパロディはもう出来ないのが寂しいね。チョロQは遊び心がもっとほしいところです。

2012/01/29

アルファロメオ ジュリエッタ見に行って、TWINGO GORDINI R.S.に胸キュン♥!


やっと出ましたアルファロメオ ジュリエッタ!147の後継にあたる新型ジュリエッタはイタ車好きとしては(GOLF6に乗ってるけど、笑)見逃せません。去年の秋頃発売が今になっちゃいました。販売もイタリア?だね〜 のんびりしてます。
さっそく近所のディーラーに見に行ってきました。新型ジュリエッタのレポートや評価はカーブログにおまかせしますが、個人的評価は買えるんだったら買いたいクルマでですね。買えるんだったらと注釈が付いてるのは今のクルマを売って何が何でも欲しいというほどではないとも言えます。微妙?(笑)
顔は好き嫌いですがどっからみてもアルファ顔なんで私は好きですが、全体のデザインに関してはアルファっぽくなくなっちゃいました。後ろ姿を遠くから見たら何だかわからない今風のよくあるハッチバックですね。ただ、インテリアに関してはイタ車らしい色気があります。ドイツ車はどう転んでもかないませんね。やっぱりアルファ好きだな〜!


ショールームのかたすみに何やら趣味心にぐさっとささるフレンチブルーメタに白い2本のストライプのクルマが?? おおっ!あのゴルディーニカラー!じゃん! なんとルノートゥインゴ ベースのゴルディーニR.S.でした。
もちろん本格的なゴルディーニチューンのクルマではないバッチカーですが、少し足回りがチューンされているようです。ミニカー的なこういうクルマほんわか好きだな〜 丸いフォグランプ付けたらカッコ良くなるかも。1.6のNA16バルブ、5速マニュアル、左ハンドル!ジュリエッタより欲しくなっちゃったかも。フレンチブルーもいいな〜



FedEX特注!子母模型車?おやこチョロQの海外ネーミング


ゼンマイ付のスタンダードタイプのチョロQが、大きいチョロQに入って走行するおやこチョロQってありましたね。見た目にかわいい商品です。
日本だけかと思ったらこんなのありました。おなじみのFedEX特注とおもいきや、子母模型車とあります。中国語なので台湾特注商品かもしれません。親子は子母なんですね。08000の番号は台湾のようです。

遊び方説明も中国語になってます。注意表示とかバーコードはそのまま日本のもののようです。販売なのか配布なのかは不明です。ST番号から推測すると2000年頃の商品です。海外チョロQも色々ありますね〜




2012/01/28

移動オービス!移動しなくてもいいよ〜(笑)

クルマで走ってると色々なクルマを見かけます。先日見かけた移動オービス、速度自動取締り車です。いきなりこれはないよね。
警察もサービス良すぎ!(笑)これは移動しなくてもいいよ。かんべんして〜
でも、チョロQのハイエースでカスタム作れそうだよ。面白いかもね。

2012/01/25

チョロQ ジャガーXJRの向島自動車用品仕様って?意外なQコロンとの共通点が


初期のチョロQ HG No.006 XJR赤の向島自動車用品仕様です。おもちゃ箱から発掘したので少々磨いて出品しました。ピッカピカでしょ(笑)
シールもなにもなく、チョロQ大図鑑で色を調べたら向島自動車用品仕様のようでした。向島自動車用品って何かと言う感じですが、チョロQがアンテナの先に付いてたりでカーアクセサリーの一部にチョロQがなってます。走らせることはないので、コストダウン?ゼンマイのギヤやバネはなくケースだけなのでタイヤは空回りします。過去にQコロンという商品でジオラマ芳香剤になったチョロQもゼンマイはナシだったようです。カーアクセサリーは、走らせないのでゼンマイが空というのは共通点ですね。
こういうのまた出てほしいよね。クルマそのものがキャラクターなチョロQは、こういう商品がよく似合いますね。


2012/01/24

バレンタインチョコ売り場って男でも楽しい〜?立体チョコトミカ発見!えっ、ランクルが?

風邪でブログ休み中にもかかわらず、お立ち寄りいただいたみなさまありがとうございました。やっと良くなりましたので、ブログも再開いたします。
今日はチョコネタです〜


バレンタインの特設コーナーにいくといろんなチョコがあってワクワクします。チョコ大好きなんですよ〜おじさんなのに(笑)
写真はチョロQチョコカラーという商品です。前はこういう季節ものチョロQも登場してたんですが今は出なくなっちゃって寂しいですね。チョコカラーはその名の通りチョコレート色の成型チョロQで食べられません。チョコQなんてネーミングもあったらしですが、子どもが間違って食べちゃいそうでチョコカラーになったとか?確かにチョコみたいですよね。


こんなの売ってたよとOさんにあげればと、うちの奥方がトミカのランクルチョコを買ってきてくれました。おおっ!すげー、これはリアル!しかも台もチョコ! ともだちのOさんはランクルマニアなので、あげたらめっちゃよろこぶやん(笑)
他にどんな種類があるのか調べたら6種フェアレディZ、ロンドンバス、日産ディーゼルクオン、ボクシー、デミオ、プリウスだって。
あれ!!っ??ランクルは??なっ、ない?? まさかシークレ?



2012/01/17

I've caught a cold。風邪のためお休みしてます。

ほんわかミニカーブログにお立寄りありがとうございます。先日オートサロンに行ったらすごい人ごみで、風邪ひいちゃいました。しばらくブログお休みいたします。こんな撮影なんかしないで早く寝なきゃなおんないね(笑)
また寄ってください〜

2012/01/15

懐かしい〜すえっ子チョロQ PIAZZAが出てきたぞ。ギターを持ってどこへ行く?


懐かしいすえっ子チョロQがおもちゃ箱から発掘!ギターを持った渡り鳥ならぬ?ギターを積んだ、いすゞピアッツアです。オレンジとピンクの配色もほんわかいいですね。このすえっこチョロQって、今見るとすごいちっちゃいね〜  全長30mmに満たない小さなボディによくゼンマイを詰め込みました。チョロQのすえっ子でネーミングもシャレてます。ちびっことあわせてチョロQ3兄弟ですね。

初期のチョロQはDUNLOPタイヤが多いけれど、これはGOODYEAR!しかもGT RADIALとあります。なかなか凝ってますね。


2012/01/14

モドQのドレスアップ!ほんわかいい感じ。本家チョロQを越えられるか?

正統派モドQ 2000GT。ホイール・タイヤは本家チョロQでいい味出してますがゆるいね〜
モドQにチョロQのホイールとタイヤを履いてみました。グッとカッコ良くなりますね。一見、チョロQにも見えます。やはりキモは足回りでしょうか?そのへんはチョロQといえども実車と同じ感覚ですね。グラマラスな2000GTの造型が引き立ちます。こういうお遊びもまた、チョロQの魅力です!ほんわかいいね〜

本家流トンカの2000GT。やっぱりかっこいい〜
こうして見比べるとあることに気がつきました。それはフロントグリルの顔の部分です。モドQはワンピースボディなのでグリルのいいところに金型のパーテーションラインがきています。普通に作るとこうなってしまうのを当時のチョロQ開発陣は避けたのかもしれません。ボディから切り離してシャーシ側にし、ここの造型にこだわっているようです。こういうこだわりが本家たる所以ですね。チョロQのトヨタ2000GTは、クルマ好きの当時スタッフのチョロQ開発スピリッツを感じられる逸品ですね。

2012/01/13

正統派モドQ ?vs 本家チョロQ、トヨタ2000GTで比較研究

ブリスター破っちゃいました〜(笑) 
正統派モドQ? と本家チョロQの比較をトヨタ2000GTで比べてみます。一見同じように見えたモドQもボディ構造に大きな違いがありました。本家チョロQは濃いスモークウインドウに対して正統モドQは1ピースボディでウインドウは黒塗装。正統派モドQはライトアクションはないのですがフロントグリルがボディと一体で作られてます。パーテーションラインがグリルの頂点に見えます。ほぼ、同サイズであることから本家チョロQを習ったモドQで、やはりこれは正統派モドQであることをほんわか認定します。なんのこっちゃ〜(笑)
手前が正統派モドQです。エンジンは今のチョロQハイブリットにちかい形ですね。タイヤはいかにもチャイナタイヤ。ゼンマイの性能も本家のほうが上でした。
ブルーボックスペニーレーサーとタイヤが同じだったんですが、エンジンの形が違いました。研究所にあった右端のタイプと同じなので本家海外版ではどれかに使われていた可能性があります。エンジンが同じだったら正統派モドQもチョロQの派生と言えるかもしれませんね。
<もうちょっと続く>