ミニカーおじさんの下町ライフ、趣味のミニカーコレクションや実車・B級グルメ・プラモ工作とほんわかスローなブログです。
I bring you something about model, or real cars, and my easy life.

2011/10/24

三丁目の夕日’64時代にF1だよ!やっぱり本田宗一郎はスゲ〜 プロトタイプRA270・HONDA F1

前回に続く、1964年の毎日グラフに掲載された貴重なリアルタイムのRA270コクピット。
計器パネルには左から水温・油圧・油温・燃料などの計器が並ぶ 6段変速のギア(右端) その右のパイプは ラジエターからのものらしい
と取材記事。この写真を見る限り中まで金色で塗られていたのがわかります。シフトチェンジでこすれたあとがリアルですね。
エアファンネルにかぶせた金網は手作りそのもの。ステアリングボスのエンブレムはバイクのタンクマークか?
どういう取り回しなのか12本突き出したマフラー。ここから奏でたホンダサウンドは凄まじかったんじゃないかな。排気量1500cc最高出力210馬力/12,000rpm 最高速は300km/h前後との記録があります。
1964年といえば東京オリンピック開催の年。スバル360が街を走り出した、そんな三丁目の夕日の時代にこんなF1を作った本田宗一郎はもはや次元を越えてます! 歴史は追い越せない、そんな言葉がピッタリのHONDAレーシングスピリッツにはやっぱり感動ものですね。



6 件のコメント:

ななみなみ さんのコメント...

本田宗一郎が居なかったら・・・
F1界は大きく変わっていたかもしれません!!

ミーヤン さんのコメント...

うちらの世代は宗一郎はHONDAの神様!あんな人はなかなかいないです。モノづくりの執念はアップルのジョブズが似てますね!

カズ君 さんのコメント...

この車、当初は金箔貼るぞーって言ってた話は聞いたことあります。
でも、ナショナルカラーで、国旗そのままの色ってだけですごいと思いますね。
64年あたりだと、バイクじゃすでに世界一ですね。

ミーヤン さんのコメント...

金箔ですか〜やっぱり宗一郎はぶっとんでます。でも、結果的に日の丸のほうがインパクトありましたね。64年はまさに東京オリンピックの年。クルマが庶民の憧れの時代にF1は次元がちがいますね。
カズさんブログ閉鎖残念です!また再開を楽しみにしてますよ。

カズ君 さんのコメント...

一応、再開しましたよ。
ボチボチやってきます。
ぜひ、お越しください。

ミーヤン さんのコメント...

カズさん、こんばんは
ブログ再開しましたね!
またよらせていただきます。